ガレージハウスロゴ
HOME
商品ラインナップ
ユーザーレポート
施工例
ガレージハウスができるまで
Q&A
オプション&運送費価格表
問い合わせフォーム
注意事項
会社概要・事業部スタッフ
リンク





Q&A
HOME > Q&A目次 > Q&Aキット編
Q&Aシャッター編はコチラ
キット編
ガレージハウスの基本サイズはどれくらいですか?また、このサイズ以外は無理でしょうか?
そうですね、大体、半数位の方がフリープランでされているようですね。

基本キットサイズは、
G10:間口6.37m×奥行き5.46m
G6:間口3.64m×奥行き5.46m

詳しくは、商品ラインナップを参考にしてください。

また、これらのサイズ以外はフリープランで対応させて頂いてますが、奥行きの延長だけならオプションの延長キットを選べば簡単です。


窓やドアの位置の変更や追加って出来るんですか?
「木製の出入口ドアにしたいんだけど・・・」
「外壁をラップサイディングにしたいな・・・」
「やっぱり窓はマーヴィンのダブルハングだろ」

オプションについてですね。もちろんできます。
せっかくの夢のガレージです、こだわりたいですよね。
詳しい内容は、オプションをご覧ください。
当社ではこれからも少しでも多くのオプションをご用意して末永くガレージライフを楽しんで頂きたいと思っていますので、もし、オプションの中にご希望のメーカーや商品がなければ是非ご連絡ください。


キットには何が含まれていて、別途に用意しなければいけないものは何?
キットに含まれる資材、及び別途必要な資材・工具は商品ラインナップをご覧下さい。
ただ当社の特徴としては、基本キットにガレージドアオープナーが標準仕様です。
もちろんリモコンも1セットを含んでいます。
電動オーバーヘッドドアが標準仕様ってことですね。
※2007年よりベルトドライブ式電動オープナーにグレードアップしました。


構造は何ですか?強度は大丈夫?

ガレージハウスの構造は、ツーバイフォー工法です。
住宅の工法として日本でも最近は多く建てられていますよね。
それらを付属の専用の釘や金物で組み立てていただきます。
強度についてですが、ツーバイフォー工法というのはアメリカを中心として、現在でも住宅の工法としては最も普及されている工法なので強度的には十分とお考えください。



私、素人なんですけど自分で建てることできますか?
ありがとうございます。一番大事な質問です。

「建て始めてから自分には無理だとわかっても・・・。」 これ、皆さん心配だと思います。

ですからハッキリ言いますね。
セルフビルドには、ある程度の知識や経験は必要です。
「誰にでも簡単に。」 とはいきません。

ただ、キット購入の方にはキット資材発送前に施工マニュアルをお渡ししていますので、もし、それを読んでみて「自分にはちょっと無理かも・・・。」と思われたら知識や経験を備えた方に協力して頂くのが望ましいと思います。

また、作業人数ですが、建て方時には3人以上の人手が必要ですが、その後は1人でも充分施工可能です。ですが、現実的には近くの業者さんに建ててもらう人がほとんどです。
仕上げだけセルフビルドの人が大半となっています。


遠隔地に住んでるんですが、基礎から全部施工をお願いしたいんですけど?

申し訳ありません。
私たちは基本的にキット販売を主体としています。

ただ、地域によっては、当社の施工可能エリアや、信頼の出来る業者さんを紹介できるエリアがありますのでお気軽にお問い合わせください。



納期はどれ位かかるの?

正式契約後、基本プランで約3週間です。
追加変更やオプションの内容により、納期が遅れる場合がありますので余裕を持ってご注文をお願いします。
特に最近では、
「次の連休を利用して家族でガレージをつくってみよう。」という方が非常に多くなってきてます。
このようなケースでは最低でも連休の1ヶ月前には正式契約が済むように確認しておきたいですね。



キットはどのような形で送られてくるの?運送費はどれ位かかるの?

運送費については運送費用一覧を参考にしてください。

キットの大きさですが、
G10・・・10t車クレーン付×1台
G6・・・4t車クレーン付×1台と考えてください。

あと、資材を仮置きするスペースや養生用のブルーシートをご用意ください。
狭いスペースで資材を移動するって結構時間がかかるし、疲れるんですよね。
ですから搬入時に計画的に荷下ろしを。
ちなみにトラックの大きさは10t車でこの位の大きさになります。
10tトラック   10tトラック


代金の支払いはどうすればいいの?

はい、ご契約金額の半額の入金確認をもって正式契約とさせて頂きます。
残金はキットの到着後1週間以内にお支払いください。



電気工事はどうすればいいの?

.ガレージドアオープナーには100Vのコンセントが必要です。
もしガレージの近くに外部防水コンセントがあれば埋設や架空での引き込みは楽ですね。
ただ電気工事は専門的な知識と経験が必要ですので、お近くの電気工事業者にご相談ください。



遠隔地に住んでる者です。施工業者さんは地元で探したいんですが、失敗しない方法ってあるの?

.これ、意外に多い質問なんです。
心配ですよね、最近は欠陥住宅なんてコトバもよく聞くし・・・。
でも全部の業者を自分で探すっていうのは、住宅屋の私たちでも結構シンドイです。
ただ、全部の業者さんを知らなくても、ひとつの業者さんくらいお知り合いにいませんか?
たとえば、大工さんとか水道屋さんとか。いればあとは簡単です。
その業者さんに紹介してもらいましょう
建築の業界って、横のつながりが強いんです。
もし、その業者さんがしっかりしていれば、紹介された他の業者さんもしっかりとしてるはずです(笑)。
もちろん、詳細な施工マニュアルをお渡ししますのでご安心を。



キット価格はわかったんですけど、基礎からキット組立て施工まで含んだ金額が知りたいんです!

.一概に言えませんが、キット価格と同じくらいです。
不思議なもので私たちはこれを、「キット金額とほぼ同額の法則」と呼んでます(笑)。
ですから、G10は約300万円、G6は約200万円
となるケースがほとんど。
決して安くないんです。でも絶対高くはないと思います!



G10タイプにロフトを、と考えてるんですが・・・。

うーん、基本的に厳しいんです。
G10では横幅が広いため、強度をしっかりと確保するために、
当社では屋根構造は、トラス(三角)で組みます。
わかりやすく、ユーザーレポートの写真をご覧下さい。
・・・ハイ、そのようになるのです。ですから基本的には対応していないんですね。

「え、マジ? あんたらプロだろ。 何とかならんのか?」
「なりますよ。真ん中に1本支柱を立てればいいんですけど・・・。」
「・・・けど?」
「はい、支柱を1本立てれば、ロフトは可能ですけど、お客様の中には、この1本の柱で使い勝手が悪くなったという方がたまにいらっしゃいますので。」
「じゃぁ、使い勝手も考えて、それでもロフトが欲しいということなら、出来るんだな?」
「はい、出来ます。
自分は何のためにガレージを使うのか?どう使うのか?
そこのところを是非、優先順位をつけてしっかりと考えましょう。」





HOME | BACK | このページのTOPへ